スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

☆『ア行』の言葉がけが子どもを素直にする☆

2011/01/08 00:04

3日から今日(7日)まで実家で甘えさせてもらっていた子どもたち。。
4日ぶりに会う子どもたちがもう愛しくて愛しくて。。

その気持ちを忘れないよう、
これを機に以前読んだ書籍『頭のいい子が育つママの習慣』に載っていた
『ア行の言葉かけ』を実践してみようと思います

♪ありがとう・・「お手伝いしてくれてありがとう」など
♪いい子だね・・「○○ちゃんは、本当にいい子だね」など
♪うまくなったね・・「前よりずっとうまくなったね」など
♪えらいね・・「最後までがんばってえらいね」など
♪面白いね・・「そのアイデア、面白いね」など

ママがこれらの言葉をたくさん使えば、子どもの情緒は安定し、
自己肯定感へとつなげることが出来るそうです。

子どもは誰しも、(親に認められたい)(たくさんほめてもらいたい)という気持ちと
(僕は認められているんだろうか)(私は受け容れてもらっているんだろうか)
という不安の中にいるものなので、どんどん『ア行』の言葉を口に出して、
子どもに安心感をあたえてあげようということです。

いつも身近にいるママから「いい子だね」「えらいね」といった
言葉がけをされてきた子どもは、自分自身を好きになる。

そして、自分を大切に思ってくれているママのことも、より深く愛するようになる。

このことが、子どもを素直な子へと導くそうです。

今までの自分を振り返ると、『子どもを褒める』ことをあまりしていなかった
ように思います。
マイナス面ばかり目について怒ってばかり・・

これでは子供たちも自信をなくしてしまいますよね。。

学校や幼稚園、習い事に頑張っている子どもたちに
これからはもっとエールを送ってあげたいと思います

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています♪

関連記事
スポンサーサイト

ママのつぶやき  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。