スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

☆幼児期の公文☆

2011/07/26 23:23

昨日書いたように息子は今週、家で安静にしていないといけないので
娘とヤマハ→公文に行ってきました~。

公文に着いたのは5時半頃・・。
ヤマハの後で大変だったと思うけど頑張りました♪

算数はついに足し算に突入!!
『たす1』の問題がずらーっと並んでいて、今までの『数字の穴埋め』
に比べて、かなり算数っぽくなりました(笑)。

すべてパーフェクトだったらしく、
娘もちょっとお姉さんっぽい?問題が出来て嬉しそうでした♪

これからはずっと計算問題のプリントが続くんですよね。

私は就学前の段階では足し算より、数の概念を理解させたいと思っているので
3A教材以降の問題を幼児期にやることに対して実はちょっと抵抗があったりします。。

それもあって、娘の公文入会を小学校入学以降と考えているのですが・・。

公文の先生は、娘は数に関してかなり理解しているので
9月以降も継続したら、すごく伸びるとおっしゃって下さいます。

娘は算数の宿題は進んでやるし、問題を解くのが楽しいみたいなんです♪
そんな姿を見ると、私も心が揺らぐのですが・・

わたし的には、幼児期の公文は算数より国語を受講するほうがいいのでは・・
と思ったりします。

でも毎日の読み聞かせをすればそれで十分かなとも思ったり・・。

娘の習いたいことをやらせてあげるのが一番なのですが、
娘は何でもやりたがりな子なので、ある程度親が選ばないとキリがないんです。。

好奇心旺盛なのはとてもいいことなんですけどね(笑)。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています☆




関連記事
スポンサーサイト

公文式  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。